庭の門扉

京都のとある場所の庭に門扉を施工してきました。
既存の門扉を撤去し、そこに据えます。
「そこにある材料で考えられるものとする」
こういう条件です。
P5132171 (1280x960)
幾本かの短い竹と、角材。
竹を細かく割り、横に並べた門扉と袖壁です。
下地の構造部分(杭)は補強と防腐剤を施し
既存をそのまま利用しました。


ところで、そこの庭にあったこれ
なんだかわかりますか?
P5132168 (1280x960)
キウイだそうです。
青々と茂ってました。

そんなこんなの「nobu notes」でした。

さて、次は木工作品を紹介できるようにします!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL