1月31日、明日から2月!

明日から2月。
早いものですね~。

昨年末に移転し、今年に入ってから機械整備の日々。
何とか少しずつ使えるようになり
少しずつ仕事してますが
なかなか思うようにいかず気付いたらもう2月じゃん!

ということで慌てて「ひなさま」を作り始めました。
WIN_20170131_14_50_02_Pro.jpg

ひとまず30体ほど出来そうです。
WIN_20170131_14_50_20_Pro.jpg

横切りも整備したのですが、なかなか本調子ではなく
やはり時間が掛かります。
WIN_20170131_14_50_52_Pro.jpg
スタートが遅くなったのと、いつもより時間が掛かるのと
材料が一部手配できていないこと
さていつ出来上がるのか!?

特注品の「cube」も同時で進めるのでひな祭りに間に合わないかも?

でも「ひな祭り」に間に合わなくとも、
誕生祝いなどで需要はありそうな気が…。
(間に合わなかった時の逃げ口上?)
とにかく頑張る!

あっ、こんな風になる予定です。
2016-02-04(1280x960).jpg

機械を

ボール盤です。
丸い穴をあける機械です。
いわゆるドリルです。

WIN_20170127_14_53_37_Pro.jpg
こんな感じですっごい古いです。
でも頑張ってもらいます。

インバータつけてみました。
WIN_20170127_14_54_15_Pro.jpg
これで無段変速!向かうとこ敵なし!のはずが
でっかいビットを付けて低回転で動かすと
回転が止まっちゃいます!

どうすればいいんでしょう!

誰か教えてくださいませ!

少しずつ…。

高山~京都へ転居し、機械の整備も
(まだやり残しはあるものの)ようやく一段落。
これからは、少しずつ使いながら調整して行きます。

ひとまず調子のよい機械。
WIN_20170121_15_55_21_Pro.jpg
手押し一面鉋盤です。
基準面を出すための機械です。これが結構手間掛かりました。
見た目きれいだったのですが、きれいに見せるための塗装が
スイッチにベットリと掛かり動かなかったのです。
押釦スイッチでオン、フットスイッチでオフ
これがスイッチが入らなかったり、入ると切れなかったり…。
しかもバラしにくいところで苦労しました。ふうっ…。
ついでに徹底的に磨いたりもしたので
研磨したての刃と相まって
削り終わりの材がテーブルに吸い付く感覚。
ついこの前まで全然研磨しない刃で仕事してたので
気持ち良い久しぶりの感覚です。
やっぱり刃物は切れないと!

そして自動一面鉋盤。
WIN_20170121_15_56_01_Pro.jpg
さっき削った基準面の反対側を基準に平行に削るための機械です。
これも結構時間をかけて磨いたおかげで、きれいに削れる機械に!
わざと逆目通ししても逆目掘れが起きないのです。
この機械、送りローラや抑え装置を調整する必要があるのですが
これが結構めんどくさい。
でも、たまたま調子よくいきそうで
下部ローラだけ少しいじればうまく削れました。

いろんな仕事をする中でさらなる調整が必要にはなると思いますが
ひとまずこんな感じで進めることができそうです。

そして削った鉋屑を燃やす焼却炉。
WIN_20170121_15_56_26_Pro.jpg
こんなものも年始から作ってました。
(今までは牛舎で引き取ってもらってたのですが…)

何かと勝手は違うので
少しずつ環境整備です。


思ったより

自宅に有ったコンプレッサーが壊れました。
シリンダーが焼き付いたようです。
こめづくり用でした。
主として乾燥機や籾摺り機の掃除に使ってました。

木工仕事でも使おうと思っていたのですが…。
というわけで、日立の一馬力コンプレッサーを購入。
(中古でなんと一万円!)
壊れたほうはサブタンクに。
WIN_20161222_10_44_15_Pro.jpg
手前が日立。奥が壊れたほうです。
単純に繋いだだけですが(日立側に取出しが二本あったので)
タンク容量が倍に!
コンプレッサーの作動時間はずいぶん減りました。
(壊れた側のモーターはまだ使えそうなので転用します)
はたして正しい方法なのかは分かりませんが…。

ただいま絶賛 機械整備中です!
制作に掛かれるのはいったいいつ!?

続きまして

先日の家具修復に続き
文机の修復です。
WIN_20160904_09_57_15_Pro.jpg

と、言いましても天板の汚れが気になるとのことでしたので
磨いて塗り直しというお仕事です。
WIN_20160904_09_57_36_Pro.jpg
写真ではよくわからないかもしれませんが
部分的に不自然に白くなっています。
輪染みができたので漂白したとか…。

軽く磨いてみてわかったのですが
輪染みというより鉄汚れのようでした。
四角い真っ黒な跡です。
濡れた鉄製の何かを置いたのでしょう。

早速、蓚酸で漂白し
次亜塩素酸ナトリウムで
漂泊の意味も含め酸を中和します。

暫く乾かし、水拭きで徹底的に薬品除去。
さらにアセトンでふいて磨き直します。
塗装は少し先になりそう…。
思っていたより手間が掛かっちゃいました。